白髪染めは頭皮と髪の負担を考えヘナなど低負担のものにする

若い頃はふつうに髪を染めて
オシャレをしたくなったものですが、
中年くらいになってくると
白髪を染めたくなりますね。


攻めから守りに移る感じでしょうか。

白髪があるとすごく老けている印象になるので
とりあえず染めないといけないと
思う人はおおいはずです。

そこで注意しないといけないのが染料の選択です。

薄毛に悩んでいたらなおさらですが、
なるべく髪にやさしい成分のものを選ぶべきです。


単純に効果が長く持続するものは負担が大きく、
短いものが小さくなります。


前者はヘアカラー剤のことで、
髪の内部に強引に入り込んで
メラニン色素を分解後その色をつける、

といった具合です。


髪が痛むと切れ毛などの原因になるので、
なるべく負担がすくないヘアマニキュア
ヘナなどの植物系のものがいいと思います。


ヘナは白髪によく染めるので
そういう意味でも効果的と言えます。

ただくれぐれも色を落としたくないからと
シャンプーを怠らないようにしてください。

TOPPAGE  TOP 

cybozu