白髪と薄毛のメカニズムは異なるが原因は似ている

個人差はありますが40歳あたりから
一般的に白髪が増え始める時期といわれます。


白髪も遺伝と大きく関係していますが、
紫外線の影響も関係しているといいます。

色素幹細胞というメラニン色素を作る細胞が
紫外線によってダメージを受けると
細胞分裂を起こさなくなってしまい、
メラニンを作る細胞が減っていきます。

長く生きていると当然紫外線を浴びる機会も多くなり、
体全体が老化していくのでふつうの現象といえます。


しかしストレスも一因と考えられているため
それを避けるための生活習慣をおくることも
重要だと思います。



白髪は髪を黒くする細胞の影響なので
薄毛との関係は今のところないとされています。

ただメカニズムは違えど、
ストレスも原因かもしれないとのことなので
ある意味、白髪と薄毛は関係があるといってもいいでしょう。


心身ともに健康であるべきである、
これはどんな場合も必須条件です。



白髪が最近増えてきたなと思ったら年だけのせいにせず、
帽子を被ったりしてある程度紫外線対策をし、
ストレスをなくす努力が必要です。

TOPPAGE  TOP 

cybozu