髪が急に大量に抜けだしたらAGAでない可能性がある

脱毛症に悩む人も近頃は低年齢化が起きています。

低年齢といっても薄毛に関しては幅広く、
だいたい壮年期(20代後半から40代中盤あたりまで)
といわれる時期の薄毛も若年性脱毛症といえます。


昔のように景気はよくないため、
働き盛りといわれる人たちは日々ストレスと
闘っているかと思います。

不規則な生活を強いられるとストレスになるので
心身ともに健康的に最悪な状態です。


そのような生活をしていると、
ある日髪がすごい抜けている事態に
遭遇するかもしれません。

AGAの特徴としては、
何年もかけて徐々に髪が細くなって
抜けていくというものですが、

短期間でごっそり抜けるということは、
ストレスが原因の円形脱毛症、
過剰な皮脂が原因のひこう性脱毛症(または脂漏性皮膚炎)

が考えられます。


判断がつかず不安でしたら
皮膚科にいったほうがいいです。


皮膚科といってもたくさんあるので
ベストな場所というのは一概にいえませんが、
皮膚炎が原因ならば薬ですぐ対処できます。

TOPPAGE  TOP 

cybozu